会話の心・技・体

武道、スポーツ、囲碁・将棋やかるたまで、あらゆる競技に心・技・体の3つの要素が大事であるように、会話においてもまた心・技・体が大事です。では、会話における心・技・体とは一体どんなものなのでしょう。このブログではそれを9つの原則にまとめて書いていきます。

お礼の言葉は「すみません」ではありません。「ありがとう」「感謝します」です。「すみません」  お礼をこの言葉で言っていませんか。 「すみません」 は謝罪の言葉ですよね。  お礼を伝えるのであれば、 「ありがとう」 「感謝します」 が正しい言い方です。 「すみません」 には、あなたが相手から何かをしてもらったことに対しての、 「手間をかけて申し訳ない」 という気持ちが入っているのでしょう。  それは分かります。  でも、だからといって、 「すみません、すみません」 と多用されたのでは、相手も恐縮してしまうし

「すみません」
 お礼をこの言葉で言っていませんか。
「すみません」
は謝罪の言葉ですよね。
 お礼を伝えるのであれば、
「ありがとう」
「感謝します」
が正しい言い方です。
「すみません」
には、あなたが相手から何かをしてもらったことに対しての、
「手間をかけて申し訳ない」
という気持ちが入っているのでしょう。
 それは分かります。
 でも、だからといって、
「すみません、すみません」
と多用されたのでは、相手も恐縮してしまうし、何だか釈然としません。
 つい、
「すみません」
と言ってしまう時もあるでしょうが、何度も
「すみません、すみません」
と繰り返すのはやめましょう。
 もし、お礼を伝える場面で
「すみません」
と言ってしまったのであれば、直ぐに
「どうもありがとうございます」
「感謝します」
などと付け加えるのを忘れないようにしましょう。

事実と違うことを言われたら「違います」と落ち着いて伝えよう。 時に、あなたに関して、事実と違う、根も葉もないようなことが語られる場面に出くわしてしまうことがあるでしょう。 「○○さんとデキてるんだって?」 「前の職場でパワハラしてたってほんと?」 「会社のお金ちょろまかしたって聞いてるぞ」  そんな時、あなたが精錬潔白ならば、決して慌てず、淡々と 「違います」 と否定すればいいだけのことです。  相手は悪意をもってあなたに根も葉もない悪い話をしかけているのかもしれません。  ここであなたがうろたえたり

 時に、あなたに関して、事実と違う、根も葉もないようなことが語られる場面に出くわしてしまうことがあるでしょう。

「○○さんとデキてるんだって?」
「前の職場でパワハラしてたってほんと?」
「会社のお金ちょろまかしたって聞いてるぞ」

 そんな時、あなたが精錬潔白ならば、決して慌てず、淡々と
「違います」
と否定すればいいだけのことです。
 相手は悪意をもってあなたに根も葉もない悪い話をしかけているのかもしれません。
 ここであなたがうろたえたり、むきになって否定したりすることは、相手の思うつぼであり、かえって面白がられることにつながってしまいます。
 ここで、変に笑って見せたり、ぶすっと黙り込んだり、おこって怒鳴り返したりする必要はありません。
 あくまでも、平坦な気持ちで、
「違います」
と返しましょう。

「証拠でもあるんですか」
「誰から聞いたんです」
「名誉棄損で訴えますよ」

 あなたからこうした言葉を返すことは相手への攻撃となります。
 もしかしたら、相手はあなたに対してささいなからかいのつもりで先の言葉を言ったのかもしれません(きわめて悪質ではありますが)。
 そんな大した考えも無く言ったのに、あなたから真剣な反撃がくれば、相手も売り言葉に買い言葉で再反撃してくることでしょう(本当に困った人ですけれど)。
 そうすると、その人はあなたの「敵」になります。
 敵は作らないに越したことはありません。
 敵への対処は、あなたの人生におけるコストでしかないからです。
 時間も労力もお金も精神的エネルギーも取られます。
 全く生産的ではありません。
 無駄です。
 敵は作らないようにしましょう。
 そうならないためにも、変なことを言われたら、ただ静かに、
「違います」
とだけ返しましょう。

正しいことは控えめに。 会話の原則1は「否定しない」です。  でも、人と会話していれば、どうしても相手の間違いを正さなければならない場面も出てきます。  そんな時は、優しく、控えめに相手に言いましょう。  会話の第1原則に反してまで伝えるようなことなのですから、それぐらいの配慮が必要です。  可能であれば、周りに大勢の人がいる中で言うのではなく、呼んでそっと伝えるなどの配慮をすると、その人のメンツをつぶさずに済みます。  「正しいこと」というのは、それだけで十分強力です。  それを強い口調で言ったり、強い

 会話の原則1は「否定しない」です。
 でも、人と会話していれば、どうしても相手の間違いを正さなければならない場面も出てきます。
 そんな時は、優しく、控えめに相手に言いましょう。
 会話の第1原則に反してまで伝えるようなことなのですから、それぐらいの配慮が必要です。
 可能であれば、周りに大勢の人がいる中で言うのではなく、呼んでそっと伝えるなどの配慮をすると、その人のメンツをつぶさずに済みます。
 「正しいこと」というのは、それだけで十分強力です。
 それを強い口調で言ったり、強い文面でメールしたりしたのでは、相手に過剰に強力なメッセージとなってしまうでしょう。
 間違いを指摘されただけでも相手はへこんでいるのに、それに追い打ちをかけるようなものです。
 正しいことは、優しく控えめに相手に伝えましょう。

「こちらこそ」と、いつも言おう 「お世話になっております」 「こちらこそ」  電話での定番のやり取り。  ビジネスマナーの常識です。  相手に、 「お世話になっております」 と言われたら、必ず 「こちらこそ」 と返すのです。 「はい」 などと返してはなりません。  間違ってもやってはならない、失礼な対応です。 「いつも、ありがとうございます」 と相手に言われたら、 「こちらこそ」  もっと丁寧に返すのであれば、 「こちらこそ、いつもありがとうございます」 と返します。 「こちらこそ」 と、いつも付け加えま

「お世話になっております」
「こちらこそ」
 電話での定番のやり取り。
 ビジネスマナーの常識です。
 相手に、
「お世話になっております」
と言われたら、必ず
「こちらこそ」
と返すのです。
「はい」
などと返してはなりません。
 間違ってもやってはならない、失礼な対応です。
「いつも、ありがとうございます」
と相手に言われたら、
「こちらこそ」
 もっと丁寧に返すのであれば、
「こちらこそ、いつもありがとうございます」
と返します。
「こちらこそ」
と、いつも付け加えましょう。

「いつも」と、いつも言おう 「いつも、ありがとう」 「いつも、すまないね」 「いつも、助かっているよ」 「いつも、感謝しています」  お礼を言う時、 「いつも」 と付けていますか。  はなし言葉のときはもちろん、メールの冒頭にも、 「いつも、お世話になっております」 と書いているでしょうか。  毎日の多くはルーティンの繰り返しです。  そして、そのルーティンを成立させるために、多くの人々が毎日毎時間働いているのです。  それらがあってこそ、日々同じことが繰り返される日常が成り立っているのですね。  ワン

「いつも、ありがとう」
「いつも、すまないね」
「いつも、助かっているよ」
「いつも、感謝しています」

 お礼を言う時、
「いつも」
と付けていますか。
 はなし言葉のときはもちろん、メールの冒頭にも、
「いつも、お世話になっております」
と書いているでしょうか。
 毎日の多くはルーティンの繰り返しです。
 そして、そのルーティンを成立させるために、多くの人々が毎日毎時間働いているのです。
 それらがあってこそ、日々同じことが繰り返される日常が成り立っているのですね。
 ワンパターンであり続けることができる――というのは、ある意味スゴイことなのです。
 お礼の言葉を伝えるとき、
「いつも」
と、いつも付け加えましょう。

NGワード「早くして」 言っていませんか?  子どもや夫や妻や恋人や同僚や部下や後輩や店員さんなどに対して。 「早くして」 という言葉は 「百害あって一利なし」 です。  せかされれば、当然相手は焦ります。 「遅れたら怒られる」  そんな思いから、急いだり委縮したりします。  結果的にミスをしたり事故にあったりする確率も上がってしまいます。  そうすれば相手からあなたはうらみをかうことにもなってしまいますよ。  例えば遅れている相手に対して、 「焦らないで気を付けて来てね」 と気遣う言葉を言うことができた

「早くして」
 言っていませんか?
 子どもや夫や妻や恋人や同僚や部下や後輩や店員さんなどに対して。
「早くして」
という言葉は
「百害あって一利なし」
です。
 せかされれば、当然相手は焦ります。
「遅れたら怒られる」
 そんな思いから、急いだり委縮したりします。
 結果的にミスをしたり事故にあったりする確率も上がってしまいます。
 そうすれば相手からあなたはうらみをかうことにもなってしまいますよ。
 例えば遅れている相手に対して、
「焦らないで気を付けて来てね」
と気遣う言葉を言うことができたらどうでしょう。
 どうせもう相手は遅れているのです。
 遅れてきた相手を叱責したところで、その後の雰囲気が悪くなるだけ。
 それよりもあなたが気遣う態度を示せば、あなたという人間の器の大きさに相手は感謝だってしてくれることでしょう。
「早くして」
と焦らせるのはやめましょう。
 それよりも、
「落ち着いてやってね」
「いつまでだったら終わるかな」
などと、気遣う言葉を言いましょう。

真の勝利は仲間を得ること 議論で相手を打ち負かしても、うらみをかったのでは得策とはいえません。  相手はあなたの敵になってしまったからです。  敵へ対処することは、あなたから時間も費用も労力も奪います。  これらのコストがかかります。  得策ではありません。  真の勝利は、議論に勝った相手があなたの仲間になることです。  味方になることです。  味方なら、先述のコストは全くかかりません。  そのためには、共感や同意を相手から得なければなりません。  会話の原則6「合わせる」  あなたは、「相手と気持ち

 議論で相手を打ち負かしても、うらみをかったのでは得策とはいえません。
 相手はあなたの敵になってしまったからです。
 敵へ対処することは、あなたから時間も費用も労力も奪います。
 これらのコストがかかります。
 得策ではありません。

 真の勝利は、議論に勝った相手があなたの仲間になることです。
 味方になることです。
 味方なら、先述のコストは全くかかりません。
 そのためには、共感や同意を相手から得なければなりません。

 会話の原則6「合わせる」
 あなたは、「相手と気持ちは合致している」ということを相手に分かってもらう必要があります。
「会社をもっとよくしていこう」
「売り上げをさらに上げよう」
「過ごしやすい職場環境にしよう」
 この気持ちは、あなたも相手も同じはずです。
 ただ、そのための、手段が、方策が違っていただけなのです。

 議論で決着がついたら、相手と気持ちを「合わせる」ことをして、相手があなたの仲間に、味方になるようにしましょう。

「後悔したくないんで」――ちゃちゃを入れてくる相手にはこう言おう あなたが努力していると、余計なちゃちゃを入れてくる人いませんか。 「今さら何やっても遅いよ」 「真面目だね~~、無駄になると思うけど」 「そんなに頑張って、一人だけ出世でもしたいわけ」  自分は怠けていい加減に過ごしており、一生懸命やっている人にはからかいや横やりを入れてくるイヤな人です。  相手にするだけ時間の無駄であり、無視するのがいちばんですが、知らんぷりも角が立つなという場合は、こう言いましょう。 「後悔したくないんで」  怒っ

 あなたが努力していると、余計なちゃちゃを入れてくる人いませんか。
「今さら何やっても遅いよ」
「真面目だね~~、無駄になると思うけど」
「そんなに頑張って、一人だけ出世でもしたいわけ」
 自分は怠けていい加減に過ごしており、一生懸命やっている人にはからかいや横やりを入れてくるイヤな人です。
 相手にするだけ時間の無駄であり、無視するのがいちばんですが、知らんぷりも角が立つなという場合は、こう言いましょう。

「後悔したくないんで」

 怒った顔で言ったり、笑顔で言ったりする必要はありません。
 といって、あえて無表情にクールな顔をしたり、ムッとした顔をしたりすることもありません。
 普通の、穏やかな表情で言えばいいのです。
 実際、あなたは後悔のある人生を送りたくはありませんよね。
 そのために一生懸命取り組んでいるわけですから。

「後悔したくないんで」
 ちゃちゃを入れてくる相手にはこう言いましょう。

キャッチボールでボールを取り損ねたら、「ああ、失敗した!」と思いますよね。会話だって同じです。会話だって同じです。  しっかり相手から投げられた話題をキャッチしましょう。  会話の原則9「受け答える」  まずは、返事。  呼ばれたら返事をしましょう。  これ、相手の耳に聞こえるように返事しなければ駄目ですよ。  相手に聞こえなければ、あなたは返事しているつもりであっても、相手には返事をされてないと取られるのです。  遠くから呼ばれたら、遠くの相手に聞こえるように大きな声で返事をします。  もしあながた

 キャッチボールをしていてボールを取り損ねたら、
「ああ、失敗した!」
と思いますよね。
 会話だって同じです。
 しっかり相手から投げられた話題をキャッチしましょう。

 会話の原則9「受け答える」

 まずは、返事。
 呼ばれたら返事をしましょう。
 これ、相手の耳に聞こえるように返事しなければ駄目ですよ。
 相手に聞こえなければ、あなたは返事しているつもりであっても、相手には返事をされてないと取られるのです。
 遠くから呼ばれたら、遠くの相手に聞こえるように大きな声で返事をします。
 もしあながた大きな声を出せないというのであれば、手を挙げるなど、何らかのリアクションを必ず返しましょう。

 次に、会話中の感嘆の言葉。
「へえ~~」
「そうなんだ」
「知らなかった」
「びっくりだね」
 このように感嘆の言葉を発しながら相手と会話します。
 たとえどんなにあなたが一生懸命相手の話を聞いていたとしても、あなたが無言だったら、相手に
「この人、私の話聞いているのかな」
と疑念をもたれてしまいますよ。
 感嘆しましょう。

 最後に、首を縦に振る相槌。
 あなたが首を縦に振りながら聞いているのを見れば、相手は、
「ああ、私の話を一生懸命この人は聞いてくれているな」
と、ますます真剣にあなたに話をしてくれることでしょう。
 あなたにとって役立つ情報が得られるかもしれません。
 また、首を縦に振ると、首のツボを刺激して、なんと健康にもいいそうです。
 相槌を打つことは、相手に与える印象もいいし、あなたの健康にもいいし、いいことばかりです。

 会話のキャッチボールでは、返事・感嘆・相槌ですよ。

「明日、ひま?」と聞かれたら、「予定がある」と言おう

「明日、ひま?」
「これから空いてる?」
「日曜、時間ある?」
 こう聞かれると、ほんと、困りますよね。
 正直に時間があると答えると、相手がろくでもない用事に誘ってきたりします。
 本当は、相手から、
「もし明日ひまだったら、一緒に寄生虫博物館に行ってくれないかな?」
みたいに、ちゃんと用事を言ったうえで、こちらに時間があるかどうかを聞くべきなのです。
 そう聞いてもらえれば、あなたも
「せっかく誘ってくれてありがとう。でも寄生虫は苦手なのでお断りします」
と言いやすいですよね。
 でも、先に「時間がある」と答えると、もう相手が手の内を見せる前から、相手の誘いにOKみたいな感じになってしまうのが、今の日本社会における私たちのやり取りですよね。

 だから、相手が
「ひま?」
と聞いてきたら、とりあえず
「予定がある」
と答えましょう。
 たとえ予定が無くても、いったんは
「予定がある」
と答えておくのです。
 たとえば、絶対一緒に出かけたくない人からの声かけだったら、
「すみません、ちょっと予定がありまして」
と、たとえ予定が無くてもそう言います。
 それで断ることができるのですから、「うそも方便」ですよね。

 内容によっては一緒に出かけてもいい人からの声かけだったら、
「予定は一応あるのですが……、どうされましたか?」
と、探りを入れましょう。
 相手の答えが、
「よかったら骨格標本博物館に行かない?」
で、もしあなたが骨格に興味が無いなら、
「そうだったんですね。予定があるので、すみません」
で通せばいいし、骨格にものすごく興味があるなら、
「骨格は大好きなので、ちょっと予定を調整します」
と言って、一緒に出かければいいのです。

 要件も言わず
「予定ある?」
「ひまか?」
などと聞いてくる相手には、たとえ予定が無くても、ひまであっても、とりあえず、
「予定がある」
「ひまじゃない」
と答えましょう。