会話の心・技・体

武道、スポーツ、囲碁・将棋やかるたまで、あらゆる競技に心・技・体の3つの要素が大事であるように、会話においてもまた心・技・体が大事です。では、会話における心・技・体とは一体どんなものなのでしょう。このブログではそれを9つの原則にまとめて書いていきます。

2021-06-22から1日間の記事一覧

「会話とは言葉のキャッチボール。悪い球を投げられても、良い球にして投げ返そう」 会話をしていて、相手が、不平不満、愚痴、泣き言をあなたに言ってきたとします そうしたら、まずはあなたは相手の言うことを「否定しない」(会話の原則1)で「最後まで聞く」(会話の原則2)ようにしましょう これは、相手から投げられた悪い球をまずは受け止めている状態です 次に、これを良い球にして投げ返しましょう 「笑顔」(会話の原則4)で相手の頑張りを認めて「ほめる」(会話の原則7)のです 相手は自信を失っています どういうと

「会話とは言葉のキャッチボール。悪い球を投げられても、良い球にして投げ返そう」 会話をしていて、相手が、不平不満、愚痴、泣き言をあなたに言ってきたとしますそうしたら、まずはあなたは相手の言うことを「否定しない」(会話の原則1)で「最後まで聞…